看護師だけの相談アプリ
アプリを無料でダウンロード!
アプリで開く

入職して半年、歩くインシデントメーカーです。 自分を優先して過...

春から看護師
ナースA
新人ナース, 救急科
入職して半年、歩くインシデントメーカーです。 自分を優先して過誤をしてしまったこともありますし、確認し忘れ、書類の存在を知らずに起こしてしまったりとうっかり(うっかりで済まないですが)によるものもあります。 皆さんの中でインシデントを何度も起こしてしまっていた方はいますか? どう乗り越えられましたか? 患者さん主体に動けるように自分を変えるためにもどうか教えて頂けないでしょうか?
14日前
アプリで他の看護師の回答を読む!
このままブラウザで回答を読む
回答
ナースB
病棟, 外科
歩くインシデントメーカー。なんと怖い名前ですが、愛嬌もあっていいですね。奮闘されてる感じが伝わってきます。 インシデントは体質もあると思います。 確認すれば起きないことがほとんどですし、うっかり忘れてた!っていう場合はみんなあります。 慣れるまでは一呼吸おいて、頭で順序立てて考えてから行動に移すといいかもしれません。 応援しています。頑張ってください。
ナースA
新人ナース, 救急科
他に表現しようがなくて笑 先輩方には申し訳ないかぎりです 一呼吸置いてやれるようメンタル整えるのが必要ですよね
ナースC
一般病院, 消化器内科
ちょっと厳しいいい方になっちゃうと思いますが、しゅりあらさんのこらからインシデントを起こさないようにする姿勢はとても良いですし、 歩くインシデントメーカーって表現も愛嬌がある表現だと思いますが、わたし達は医療者なので、その表現をしてしまう事に、それは本来は命と接する自分たちにはあってはならない事だと思うので、ちょっと軽く見ているのか?と思ってしまう点もあります。 自分が、患者さんのたちばだった時、自分の大切な人が患者さんの立場だった時に担当するのが歩くインシデントメーカーでは不安で仕方ないです。 インシデントの内容にもよりますが。 人間なので誰しもが完璧ではないですがその責任感が必要とされるのが自分たち医療者だとも思います。 なので、自分がどうしてそのインシデントを起こすことになったのか、それが忙しいではなく、どうやったら防げる策があったのかを振り返るのがインシデントレポートです。 振り返るとあの時にこうしていればなどが必ずあります。 救命科なので即座の対応が求められる現場だと思うので、性格的な向き不向きや、まだまだ不慣れでそのことがインシデントに繋がるのであれば担当数を減らして、1つ1つを確実に行うことの方が多くの仕事をこなすよりも大切です。そのあとに確実に行えるスキルを身につけてからなら仕事量はいくらでも増やすことは出来ます。 なのでまずは自分の確認方法はどうしたら漏れがなく行えるか、自分の考え方の思考としてどんな時にミスが起こっていたかまずはじっくり振り返り、自分だけでは答えが出ないことも周りの人に意見を求めると新しい発見や自分では気づけていない改善点に気付けることも多いので、まずはそのあたりをやると大きく成長できると思います。 頑張ってください(^^)
ナースA
新人ナース, 救急科
質問者
客観的に正確な意見をありがとうございます✨ 実際自分のメンタルを守るため深く考えないようにしているところがあると思います。でもそれでは変われないですよね。患者さんの立場がどういうものなのかその時々で考えられるように気をつけてはいますが、まだまだ掴みきれていないと思います。どうにか把握する力を得るためにも、患者さんに安全にかかわれるだけの力と知識と、技術の正確性が大切ですよね。 一つ一つを丁寧に、と。現場の先輩方も同じ話をして下さいます。 自分は書類を渡すこと、看護技術を提供することといった結果ばかりを追い求め過程を飛ばすところがあります。そして焦ると根拠がないおかしなことをしてしまうので先輩にはその時点で相談するようにと、振り替えって頂いています。 リスクが起こることが怖くて、先輩方の努力も自分を守る方法も実感できていなかったのかもしれません。そしてあとは本当に自分が変わるだけかもしれません。 気づかせて下さりありがとうございます。
ナースD
新人ナース, 循環器科
私も1年目で、2回連続で起こしたことあります。 私のインシデントは、本当に、2度と起こしてはいけないものでしたが、同期は、そんなちいさいことで?! という事例を書いていました。「まだ 1年目で 本当に気をつけて欲しくて インシデントを書かせるケースもある。」と言う先輩もいます。インシデントを軽視するべきではありませんが、思い詰めすぎるのも違うなって思います。一歩引いて全体を見てみたら、先輩たちもたくさんレポート書いていますし。 ちなみに、私はどっちも内服に関するミスだったので、多少効率が悪くても、手順を増やして、慎重に行うようにしていますし、そのことを効率が悪いと先輩に指導されても、「2度と内服インシデントを起こしたくないので、慣れるまではこの方法でやりたいです。」と伝えています。これが私の中で『自分の効率より、患者さんの安全』を考えた結果です。 「患者さんのことを考えてこうしました。」と自信を持って先輩に伝えられる行動をとるようにする。という視点も、大事かなって思います😊!
ナースA
新人ナース, 救急科
質問者
返信ありがとうございます🙏🏻 つい1週間前まで本当に思い詰めて苦しくなっていました。でもたしかに全てが全て自分が悪いとしてしまうとそれだけにいっぱいになって、自分の直すべきところを改善する所じゃなかったです。 さえこっこ。さんの仰る通り、時間をかけて怒られる方がいい。先輩方も絶対安全を望まれてますもんね。じっくり治していこうと思います。 ありがとうございました✨
ナースE
新人ナース, 外科
お疲れ様様です 私も5〜6人受け持ちが始まって忙しくなり、ついこの間までインシデントを週2回程起こしていました 最初は自分に責任感がなくて、患者さんの大事な命を預かっているという認識が薄くて起こしてしまいました 最近では高齢患者の転倒や点滴自己抜去、無断離院が立て続けに起こり、自分は看護師に向いてないな、辞めたいな、と思っていました でも、先輩と振り返りを行い、なぜ自分はそういう行動をしたのか、出来ることはあったかを振り返りました 私の場合は、患者さんのニーズが分かっていなかったり、必要な声かけが足りないことがわかりました あと、これは自分の振り返りなのですが、先輩が気をつけてね、と注意してくださったことを自分は守れていませんでした 先輩が注意してくれることは経験があって、大変な思いをしたからこそ出てきた言葉です その一つ一つをメモをとって大切にして実行しています インシデントレポートは次にまた同じことを起こさないためのものです まだ初心者のうちに間違いがあれば、やり方や考え方が何かしら悪いのですから、治すことが可能です 確認のし忘れなら、確認できるように忘れないように、見えるところにメモしたり付箋を使うなど工夫する点があると思います 長くなってしかもわかりにくくてすみません お互い初心者で、大変なこと辛いこともたくさんありますが、一緒に乗り越えていきましょ☺︎ 応援してます! 私も頑張ります
ナースA
新人ナース, 救急科
質問者
同じような立場のなっぱさんからの返信、すごく励みになります。 そうですね。 振り返り頂いた内容を全てメモに残せていないことに気づきました。 せっかく患者さん、そしてわたしの為にと伝えてくださった言葉を把握しきれていないのは悲しいことですね。責任感が薄いところもあるかもしれません。 ひとまずパソコンに付箋を貼る、チェックリストを見える形でつくっておくなど行動を変えてみたりして挑戦中です。 ありがとうございました✨
ナースF
一般病院, 内科
言いたいことわかります。 お気持ちもわかります。 わたしが実践したことは、 ・紙に書く ・タイマーをかける ・口に出す でしょうか… その時その時によって何が起こるか、どんな状況なのかは違うので、この時にこれ!と一概には言えないのですが、この3つをやるようにしているかもしれないです。 まだまだ学びの途中ですが… 要は、自分を信用しないことです。 なので、タイマーに「これやる時間だよ!」と教えてもらったり、紙に書いてそれに教えてもらったり、口に出して「確かこれってこうだったよね?」って先輩などからアドバイスがもらえる。 こうすることで以前よりかは減りました。 本当に「自分の判断だけで決めないこと」が大切なのではないでしょうか? わたしは「ふーん」で終わらせてしまうことがよくありました。 だけどそれでは患者さんのことを何も見ていないし、医学的知識や専門知識と照らし合わせて、駆使して「考え」て「査定」しなければ、ライセンスを持っている意味がないと思ったのです。一般市民でもできてしまうことだと思ったのです。 なので私は、あらゆることに「疑問」や「不安や心配の気持ち」を持つようにしました。とにかく「これでいいのかな?大丈夫なのな?」と一歩立ち止まることです。 とても大切です。そうして自分で考えたり先輩に相談しているうちにミスも減るし、自分の知識も増えていきます。 でも仰っしゃりたいこととてもよくわかります。 私も経験者ですし、まだまだ未熟者です。 歩くインシデントメーカー… 読んだ瞬間に「私のことだ」と思いました。笑 駄目ですがね。なので今は改めています。気をつけています。でも減りました。 一緒に知識を積み重ねて頑張りましょう! 絶対わたしよりしゅりあらさんのほうができる…(笑) がんばりましょ!(*^^*) あと、息抜きも忘れずに! これが一番大切です。
ナースF
一般病院, 内科
あと、患者さん主体で考えるには… 例えば 「忙しくてできなかった」 「多重業務でできなかった」 だとしたら、それももちろん理由のひとつではあるけど、それだけを理由にせずに「その中でどうすれば出来るのか」を考えるということが「責任」というものだと思うんです。私達の仕事はそういった「責任」が付きまとう仕事です。何があろうと、わたしたちが間違いを犯したら突き詰めれば患者さんの治療の妨げになってしまうんです。「病気」なのに、それが「治らない」んですよ。?生命を危険に晒しますよね。 なので、「できない」のではなく「やらなければならない」のです。だから、で き な い 理 由 ではなく や る に は ど う し た ら い い か を考えるのです。 これが、私達が「最後まで責任を持って自分の患者を守らなければならない」と言われる理由なのだと思います。 自分に言い聞かせるつもりで書きました。笑 責任責任って簡単に言うけど、奥が深いですよね… 最後まで自分が業務をしっかり全うすることです。 がんばりましょう!!!
ナースA
新人ナース, 救急科
質問者
返信ありがとうございます。 メモをとる、チェックリストを作るは最近身についてきました。 ですが口に出す、はまだまだ出来ていません。自分の判断に自信が無さすぎてその意見を聞いてこんなこともわからないのかと否定されることが怖かったためです。患者さんに害を及ぼすことに繋がるかもしれない、という思いを持って最近ようやく出せるようになりましたがまだまだ挑戦中です💦 タイマーをつかう。忘れやすいところがあるため、すごく実践してみたいのですが、どういうときに使っていますか?点滴が終わる時間などでしょうか? タイマーをよく鳴らしているのはうるさいと思われないでしょうか? 自分の責務を全うする。まだまだ全貌が掴めていない段階ですが、自分が行うことが全て患者さんによい影響を与えると思えるように行動しようと思います。 ありがとうございます✨
ナースF
一般病院, 内科
わたしは、「こんなことも聞いていいのか」と思うことが同じようにありますが、それで大きなインシデントに繋がったらそれこそ取り返しが付かないし、その先にはやはり患者さんがいるし、とにかく自分を守るためにも患者さんのためにも聞いてます! きっと今だからこそ聞いても平気だと思うし、10年目になったら聞きたくても聞けなくなります。すでに私はそれを感じています…変なプライドもあるし… でもそれじゃだめだと思って聞いてます。 でも、挑戦中なんですものね!素晴らしいです。私も頑張ります。 そうですね、点滴が終わる時間や、あとは決まった時間で行かないといけない薬があったりすると、タイマーをかけます。 タイマーがうるさいと言われたことは今までありませんし、ベテランの先輩もタイマーを使っています。 そのベテランの先輩も、自分は忘れるかもしれない 不安だ と思っているから使っているのだと思います。 なんのタイマーか忘れそうだったり、バタバタしているとなんのタイマーかわからなくなるときもあると思います。そういうときのために付箋を使うといいです。 タイマーをかけたら、「〇〇さんの点滴」などと付箋に書いてそれをタイマーに貼っておくのです。そうしたら忘れません。 そしてタイマーが鳴ったら薬や点滴などを持ってすぐに患者さんのところに行きましょう。 あとはどんなときに使っているか先輩に聞いてみたらどうでしょうか?もし使っている先輩がいたらですが… あとは時間でバイタルを測らないといけないとき(オペ後や負荷試験時)などです。使うタイミングは様々だと思います! タイマーめちゃくちゃ助かってます。 電卓とタイマーが一緒になっているものもあるので、とても良いです。 わかりますよ… わたしも全貌なんて掴めていません。 責務を全うする…奥が深いのです。 しゅりあらさん、いい看護師さんですね(^^)素敵です。
ナースA
新人ナース, 救急科
質問者
またも返信ありがとうございます✨ タイマー使っている先輩が周りにいないのでちょっと相談してみたいと思います。わたしには必要なことだと思うので、本当に💦 使うタイミング色々ですよね。具体例も教えて下さりありがとうございます! すっごく奥が深いのですね💦 ありがたいお言葉嬉しく思います。ですがメンブレしてしまうこともあって患者さん主体が出来ていないところも多くあります。ユーラシアさんのお言葉に相応しくなれるよう頑張ってみます。 ありがとうございます🌷
ナースG
病棟, 精神科
私はしゅりらさんと同じですよ。凡ミスも未だに多いです。大学病院で検査したら高次脳機能障害でした。軽度ですが。だからなかなか改善しません。インシデントは診断受けてから少なくなりましたが、周りからの信用はないかなと疑心暗鬼の毎日です。
ナースA
新人ナース, 救急科
質問者
返信ありがとうございます✨ パラノイアさん、あなたの状態は本当にわたしに似ているんでしょう。 勇気を持って書き込んでくださったこと感謝です。もしかしたらわたしも高次脳機能障害の可能性があると思います。勉強だけは人並にできましたが、看護師の仕事の多さに全く追いつけていません。情報処理能力のキャパが小さいのだろうと感じています。 周囲の人からの信頼はわたしももしかしたらマイナスかもしれません。でも、その評価を受けていることがわたしには患者さんを守るためにありがたく感じています。パラノイアさんも自分を追い込みすぎず過ごせますよう応援しています。
ナースG
病棟, 精神科
ありがとうございます。しゅりあらさんも。私は診断 が着くまで鬱傾向になり診断後ほ少し楽になりましたがやはり著名な改善には至らないので日々苦しんでいます。
ナースA
新人ナース, 救急科
質問者
2回とも返信ありがとうございます(*^^*) 診断がついて自分を否定する理由が減っても、症状がすぐに軽快する訳では無いですもんね。 わたしは前を向きたいと思いいつつもやっぱりこの部署にい続けることでいつか患者さんに侵襲を与えてしまわないかが本当に怖くて。リスクの夢で目が覚める時もありました。今は何とか持ち直せていますが、もしまた頑張れないと落ちてしまったら転職もありかと考えています。パラノイアさんも道は沢山あること忘れないでくださいね。 そしてネットの情報なので不確かですが看護師は向精神薬を服用しながら勤務されている方も一定数いらっしゃるようなのです。続けたいと思われるならそれも可能であるのでしょう。そのことも覚えていてくださいね。 精神的に不安定になると視野が狭くなってしまうから、ご存知と思いますが敢えて伝えさせていただきました。 どうかご自愛ください🌷
ナースG
病棟, 精神科
情報ありがとうございます。最近はまた落ち込む負のスパイラルに嵌まってます
ナースH
病棟, 脳神経外科
大丈夫です🙆‍♀️技術は場数❗️ 次に生かせるように反省はしても後悔はしないように👍振り返りも大事だと思います🤗
ナースA
新人ナース, 救急科
質問者
ありがとうございます! 元気頂きました✨ できることが少しづつでも増えるように相談しすぎるくらいして、ひたすら実践を重ねていきたいと思います(*´▽`*)