看護師だけの相談アプリ
アプリを無料でダウンロード!
アプリで開く

深部静脈血栓症の観察として、足背動脈の触知が可能か行います。 ...

看護学生・国試
ナースA
学生, 内科
深部静脈血栓症の観察として、足背動脈の触知が可能か行います。 しかし教員に、静脈に血栓ができるのに、動脈を確認するの?といわれました。 たしかにそうだなと思います。しかし教材をみても必ずありますし、理由が書かれてません。 お願いします💧
1ヶ月前
アプリで他の看護師の回答を読む!
このままブラウザで回答を読む
回答
ナースB
新人ナース, 消化器内科
動脈▶静脈に流れていきます 静脈で詰まると手前の動脈も流れが弱くなります なので足背動脈みます
ナースA
学生, 内科
質問者
お忙しい中ありがとうございます!
ナースC
プリセプター, 外科
エビデンスはありません。 教員が言われてるように動脈と静脈で血管が違うためです。 ただ、下肢の浮腫・冷感を訴え、足背動脈の左右差および触知できない状態の患者さんに対して、ASOを疑い血管造影を実施した症例報告があります。結果は、動脈側には異常は見られず、静脈側の血管造影でDVTを発見し、抗血栓薬を投与できたという報告でした。 たまたまの可能性もありますが、そういった報告がある以上、動脈の触知という身体侵襲が少なくてすぐにできる観察項目をしなくていいというわけでもない…という微妙な感じです。 DVTの観察であれば、ホーマンズ徴候の有無などの確認の方が優先度は高いかと思います。
ナースA
学生, 内科
質問者
詳しくありがとうございます!!
ナースD
訪問看護, 内科
こんにちは DVTの時には罹患側下肢の腫脹や浮腫が生じます その影響が動脈に生じるとしたら高齢者や高血圧患者で発見されていないASOが否定出来ない患者だと思います DVTによる腫脹や浮腫により、動脈の血流障害が生じて二次的にASOの症状が出る恐れがあると考えて観察します リスクがあれば観察する意味はあるかと思います リスクのない患者で両側足背の触れが良好であれば毎日観察する必要はないと思います 動脈と静脈は繋がってはいますが1本ではありませんし動脈と静脈の間には細動脈と細静脈の毛細血管があるので繋がっているから観察というのは違うと思います あくまでもアセスメントの上で行います 前の方の言うホーマンズ兆候の観察も、下大静脈フィルターを入れる前でしたら頻繁に行うのは血栓が飛ぶリスクとなります 下肢静脈エコーで診断が出ていれば必要ないかと思います マッサージなども禁忌です 参考までに
ナースA
学生, 内科
質問者
詳しくありがとうございます!