介護職だけの相談アプリ
アプリを無料でダウンロード!
アプリで開く

過去の職場の話で申し訳ないですが、今後に活かす為にお話をさせて...

職場・人間関係
介護職A
介護福祉士, 有料老人ホーム
過去の職場の話で申し訳ないですが、今後に活かす為にお話をさせて頂きます。 私が、退職を申し出した時、 施設長室に、施設長、事務長、介護主任を交えて、退職理由について話をする事になった。 事務長から、「百歩譲ってあなたの気持ちや不満を聞きます。」と言われた。 いやいや、そういう話ならもっと早い段階で、そういう話をして相談する機会があってもいいでしょ?と七年間勤めてきた中でそのように心の中でそう思った。 僕は、一言も話をしませんでした、出来ませんでした。 それで良かったのか?、そのままスルーで退職になりました。 後で考えたら、このように話せば良かった。 「私は不満に対しては、肯定も否定もしません。施設の方針なのだから、私がとやかく言う必要はないと思います。人の事は気にするな、というのが施設の方針として言われてきた事ですから。」 だから、とにかく自分の仕事に打ち込んでいました。 でも、そうは言っても、本音は不満がありました。 男性陣は、女性陣を避けるように仕事をしていましたし、最初から、女性陣からは避けた方が良いよ、と言われました。 でも、そんな訳にはいかない。 それで、自分は誰とも分け隔てなく働いていけるように関わってきました。 でも、私の至らなさもありましたが、女性優位な業務の進め方を感じて、なかなか距離感を掴めなかった。 まるで、心理戦という位の思いでした。 そんな中、男性陣は相変わらずで、その分、私にかかる精神的心理的負担はすべて自分にのしかかっていた感覚。 男性陣にも不信感と不満がありました。 その他、スタッフが入居者にスタッフの悪口を吹き込んだり、茶化したり、冷やかしたり、介助方針を守らず暴挙な介助、わきまえや分別も分からないスタッフたち。 介護職現場、どこもそのような傾向にあると思いました。 なかなか性別関係なく、分け隔てなく働いている職場、節度や分別をわきまえた職場がどれほどあるのでしょうか? そして、何より、常日頃、上司から声をかけてくれたりして、相談体制があること。 大切なことは、お互いを尊重して、スタッフのお互いのため、利用者さん入居者さんの為、そうでないと施設の成長はないと思いました。 今後に活かしていきます。
9日前
アプリで他の介護職の回答を読む!
このままブラウザで回答を読む
回答
介護職B
介護福祉士, サービス付き高齢者向け住宅
100歩譲ってという言葉あり得ないです‼️ 私はしょっちゅう施設長に愚痴ってしまうので…
介護職C
介護職・ヘルパー, ユニット型特養
前向きな考えですね。そうでないと自分が可哀想です。私の施設もそんな感じ。疲れる。