看護師だけの相談アプリ
アプリを無料でダウンロード!
アプリで開く

急性骨髄性白血病(AM L)の寛解導入療法で、イダルビシン・シ...

春から看護師
ナースA
新人ナース, 内科
急性骨髄性白血病(AM L)の寛解導入療法で、イダルビシン・シタラビン療法にて キロサイドを24時間持続投与し、最初の3日間のみイダマイシンを30分点滴でトリップするときに、イダマイシンを落としているときはキロサイドは一旦止めるのですか? それとも同時投与するのですか?
17日前
アプリで他の看護師の回答を読む!
このままブラウザで回答を読む
回答
ナースB
病棟, 内科
初日はイダマイシン→キロサイドですが、それからはキロサイドは24時間投与なので2日目からは止めてないです。CVダブルルーメンですか?
ナースC
大学病院, 内科
病院によるのかと思います! 私の以前働いていた病棟では、化学療法薬の同時投与は行いませんでした。二日目以降もイダルビシン落とし終わってからキロサイドを開始していました。 なんなら、キロサイド24時間の投与が終わったタイミングでラインフリーの状態でシャワー浴していただき、そのあとイダルビシンからはじめてました。なので、厳密には24時間ではなく、22時間-23時間ぐらいで計算して落としていました。 ちゃんと血液内科の上の先生から指示されていたので、問題はないかと思うのですが…厳密に24時間投与とは言えないですね💦