介護職だけの相談アプリ
アプリを無料でダウンロード!
アプリで開く

それでも続けたい理由とは

雑談・つぶやき

まこ

介護職・ヘルパー, 初任者研修, 無資格, ユニット型特養

9日前

今日もまた1人なくなった。今年に入ったくらいから少しずつ落ちていき今月に入りぼちぼちかね。と話もあり。いわゆるカウントダウンだ。食事も難しくなりゼリーのみになるもそれすらも入らなくなった。最後は看護師さんが脱脂綿で口腔内を濡らして潤す程度。ドクターも持ってあとこのくらい(6月16日)までが限度かねといわれた。それをFaに伝えると全く来なかった家族が毎日こられた。余命から1週間今日亡くなった。久しぶりに泣いた。ユニは違うけど協力フロアだから、携わることたくさんあった。元気な時を知っているから思い出話みたいに話す時泣きそうになった。 他利用者の、食事介助の時に「あたしも食べさせて下さいや」って言ってた頃が懐かしく。蘇ってくるから余計泣けたのかな。けど、別れは悲しいけどまた出会いあるし家族様のありがとうが何よりも嬉しいことば。だから辞められないだ。この仕事。
初任者研修
ユニット型特養

回答


おつかれ様でした。 私も特養の時に何度か遭遇したのですが、私がもっと早く見つけていたらご家族は間に合ったのではないか?と自分を責めることもありましたがご家族からは『あなたから見つけて欲しかったんだと思いますよ。ありがとうございました。』と言われた瞬間、この仕事しててよかったし対してケアもできてなかったのにそんなこと言ってもらえて本当救われました。病院と違って最期がみなさんにあるのが施設です。また私も頑張ろうって思えました。

2022年06月22日 20:59


私達は利用者の老いや死を糧に経験を積んでいきます。逆を言えば、それを経験するからこそ介護の質について考えることができるのかな…と思います。 質問主さんにとってその方との良い思い出がこれからの自分の仕事の糧になれば…その方も大変喜ばれることでしょう。 そして、忙しい日常の中で自分を見失うこともあるでしょう。その時にその方のことを思い出してあげてください。

2022年06月22日 22:12


お疲れ様です。 利用者の看取りは、わたしも何度も経験しました。15年やっていれば、いろいろな利用者やそのかぞくに会いました。わたしは、看取りが決まると、利用者のアルバムや一言コメントを家族にわたしました。また、利用者のエピソードを利用者の前で家族に話をしました。 でも、仕事が終わると、泣いてしまう日々でした。

2022年06月24日 09:05


回答を投稿する

ツイートする
シェアする
シェアする

「初任者研修」の質問


  • 質問の一覧を見るニュースの一覧を見る
  • 運営会社利用規約プライバシーポリシー
  • © 2020 Tenxia.inc