介護職だけの相談アプリ
アプリを無料でダウンロード!
アプリで開く

食介が必要って難しいですね。

介助・ケア

HIMAWARI

有料老人ホーム, 介護老人保健施設, ショートステイ, デイサービス, 初任者研修, 実務者研修, ユニット型特養, 小規模多機能型居宅介護

4ヶ月前

居室で転倒し、入院されていた方が施設に戻ってきました。元々自立で独歩の方でしたが、車いすになりました。自分でスプーンを持てなくなり、食介になりました。声掛けして、スプーンが持てるようになりました。しかし、かき込んで食べるからという理由で、食介に戻りました。せっかくADLが戻ったのに何故?と個人的には思います。食べさせてくれる→スプーンの持ち方忘れる。急いで食べる理由は?なのですが、「喉につまるので、ゆっくり食べましょう」や「慌てなくても時間はありますよ」と声掛けしてみても良いのではと思います。以前に早食いの人っていらっしゃいました。声掛けして、ムセ込みを注意していました。この方は、元々失語がありますが、簡単な単語は理解して動けます。例えば、トイレで、「立ちましょう」といえば立って頂けます。看護側からの指示かどうか?なのですが、如何でしょうか?誤嚥性肺炎は、怖いですが、自分で食べられるようになったのにと…思うのは個人の感情移入過ぎですか? 色々なご意見が頂きたいです。長文失礼しました。
声掛け
ケア
施設

回答


回答ありがとうございます。やはりご自身で食べられるのにもったいないですよね。食形態は、義歯ですが、常食でした。退院して、病院食と同じミキサー食になり、今にいたります。ななしさんがおっしゃる通り、小スプーンや小皿提供と何か方法あるのにと同感です。すぐに、介助してしまう風潮があるので、???と思っています。まずは、看護に相談してみようと思います。その人らしくなって欲しいので。

2022年05月09日 03:00


回答を投稿する

ツイートする
シェアする
シェアする

「声掛け」の質問


  • 質問の一覧を見るニュースの一覧を見る
  • 運営会社利用規約プライバシーポリシー
  • © 2022 Tenxia.inc