薬剤師だけの相談アプリ
アプリを無料でダウンロード!
アプリで開く

お母さんとお子さん2人で来店。 濫用薬品 ⇨法律の決まりで会...

医薬品
薬剤師A
登録販売者, OTC専門ドラッグストア
お母さんとお子さん2人で来店。 濫用薬品 ⇨法律の決まりで会計時、1日1点のみとしています。と説明していますが… そのとき、じゃあ親子別々に、 会計すれば2点かえる?といわれました。 この場合、別々の会計なら2点かえますか? そのときは、1点のみとお断りしました。
15日前
アプリで他の薬剤師の回答を読む!
このままブラウザで回答を読む
回答
薬剤師B
薬剤師
濫用薬品の適応に年齢制限はないですか?
薬剤師A
登録販売者, OTC専門ドラッグストア
質問者
これを2つ購入されたらレジ画面に1人1個までって表示されたんですよね。成分みたら濫用成分はないですかね、、
薬剤師C
管理薬剤師, 調剤薬局
濫用のおそれのある医薬品は厚生労働大臣が指定しますが、 それは、 ①エフェドリン ②コデイン(鎮咳去痰薬に限る) ③ジヒドロコデイン(鎮咳去痰薬に限る) ④ブロムワレリル尿素 ⑤プソイドエフェドリン ⑥メチルエフェドリン(鎮咳去痰薬のうち、内用液剤に限る) の6成分です。 そして、「適正な使用のために認められる数量は、原則1包装単位」です。《薬事法施行規則等の一部を改正する省令」の第十五条の二(濫用のおそれのある医薬品の販売等)》 お子さんの症状はあったのでしょうか、必要だったのでしょうか、お子さまの購入品が親御さんが服薬される可能性があれば販売出来ません。本人が使われるのかを確認になります。 まあ、医薬品はスーパ特売での卵お一人一個までとは異なりますので、 使用患者さんの症状を良く確認して必要にあわせた個数を販売することが義務づけられています。 どの様な症状がいつからあり、過去にどういった薬が有効であったか副作用はなかったか。今飲んでいる薬はあるのかなど、確認して必要と判断されたらその個数を販売します。 販売個数は勤務先会社でルールとして決められていたりしますので、この確認も必要です。
薬剤師C
管理薬剤師, 調剤薬局
追伸 トラベルミンの成分は ・ジフェンヒドラミンサリチル酸塩 40mg ・ジプロフィリン 26mg で濫用医薬品に該当しません。 1個は社内ルールですかね! なお、服用は15歳以上に成っていますので、お子さんが15歳以下なら社内ルール上は販売出来ないかもしれません。 上長になぜ1個か+今回のケースは販売できるか確認ですね
薬剤師A
登録販売者, OTC専門ドラッグストア
質問者
いつもご丁寧にご返信ありがとうございます。 内容をわかるものに確認したら、1個なのは、社内ルールでたくさん買わないようにだそうです。