看護師だけの相談アプリ
アプリを無料でダウンロード!
アプリで開く

療養病棟所属の看護師2年目です 看護観のレポートがあります。...

看護・お仕事
ナースA
病棟, 内科
療養病棟所属の看護師2年目です 看護観のレポートがあります。 下記のエピソードを付け、常に患者さんの気持ちに寄り添い、小さなSOSを見抜けるような看護師になりたい、という文章を書きたいのですが、どう思いますか? 私は、看護学生の頃から精神科病院で傾聴ボランティアをしていました。当時担当していた鬱病の患者さんのことが今でも忘れることが出来ません。その方は徐々に鬱症状はなくなり、前向きな言葉を沢山言われるようになっていました。「ありがとう、私はもう大丈夫」と笑顔で言い、退院されました。しかし、その日の夜中に自死されました。私はその事を聞かされても、実感が全く湧きませんでした。長年心理学を学び、将来は精神科の看護師になりたいと思っていましたが、人の本当の気持ちを理解し、寄り添うという事の難しさを痛感した経験でした。 今の病院は、一般で精神科ではありませんが 一般でも、精神科で必要な心の看護は大切だと考えています。
5日前
アプリで他の看護師の回答を読む!
このままブラウザで回答を読む
回答
ナースB
プリセプター, 内科
コメント失礼します。 とてもいい文章だと思います。 人の心に寄り添うのは私もいまだに悩まされる課題です💦 一般病棟でも自分の病状に悩み苦しんでる患者さんはたくさんいるので、経験を活かして頑張ってください!
ナースA
病棟, 内科
質問者
ありがとうございます。 看護観と言う題なので、このエピソードはダメですかね?
ナースB
プリセプター, 内科
患者さんにどのような看護を行うかということが大事になってくるので、その経験をもとにどのように関わっていきたいと言う考えをかければ良いのではないかなと思います。 看護観はこれから経験を積んでいくことで変化し、揺るぎないものになっていくと思うので、今の考えをかければ良いのかなと思います!