看護師だけの相談アプリ
アプリを無料でダウンロード!
アプリで開く

ハンプとラシックスの違いについてです。病棟で両方使われるのです...

看護・お仕事
ナースA
病棟, 内科
ハンプとラシックスの違いについてです。病棟で両方使われるのですが、今ひとつ使いわけがわかりません。ラシックスはうっ血心不全に効くのと慢性心不全まで効く、ハンプは急性心不全に効くというのは調べてわかりました。きっと、先生にもっと明確な理由があるんだろうと思ってるんですが、みなさんの患者さんはどういった使い分けをされていることが多いでしょうか?
1年前
アプリで他の看護師の回答を読む!
このままブラウザで回答を読む
回答
ナースB
リーダー, 救急科
ラシックスは利尿目的でうっ血改善に使われてます。 ハンプは高血圧による急性心不全時に使用され利尿と降圧目的です。 私のいるICUでは高血圧型の急性心不全時にはうっ血があればハンプ、ラシックス併用が主ですが、うっ血が軽度であればミオコールを使うDr.もいます。
ナースA
病棟, 内科
質問者
わかりやすい回答ありがとうございます! ハンプは降圧目的も兼ねてるんですね^ ^ ミオコールは今の病院ではなかなか出番がないですが、いろんな薬剤の違いを教えてもらえて勉強になりました!!!
ナースB
リーダー, 救急科
心不全の増悪はほとんど高血圧、うっ血が原因なので、早期の血圧コントロールが重要になります。 後負荷を軽減しなければいけないので。 心不全難しいので私もまだまだ勉強中です😅💦