看護師だけの相談アプリ
アプリを無料でダウンロード!
アプリで開く

愚痴です…経験年数が少ないのにすみません

雑談・つぶやき

ness

小児科, 産科・婦人科, 急性期, 神経内科, 一般病院, 慢性期

4ヶ月前

病棟や経験した科によっては知識は違うということは皆さんわかってると思うんですが…なぜ、某先輩は自分の知ってる知識は新卒一年目で知ってると思うのでしょうか…(それも他の科)以前の看護教育とはやはり時代も違うと先輩のお話を聞くと感じます。 頭ごなしに怒鳴るとか、その人の力が発揮できない気がします。それで、「あの子はやる気が感じられない」とかいう人がいますが、そんな威圧的な感じで関わられたら私でも萎縮して動けませんわ!!と思いました。 これって看護師あるあるですよね(笑) 命を預かっている職業なのできついとは思いますが、普段の勉強などに関してはやはり、楽しくできるようにアプローチして行くのが大切なのではないかなと思いました。
あるある

回答


はじめまして。看護教育を学んでわかったことをお伝えできれば、と思います。 看護師にとって後輩育成は必ずついてくることだと思うのですが、教育を学んで、私達看護師は、看護のプロであって教育のプロではないと気が付きました。特に長い年数看護の世界にしかいない方は本当に井の中の蛙、自分の世界の狭さに気づく機会がなかったんだと思います。nessさんのおかしいという感覚は間違いではないと思います。しかし、その感覚も慣れて変化してしまう可能性があります。 どうか、今の感覚を持ち、広い世界で看護以外のことも学び人間力を高めていける人でいて欲しいなと今回の投稿を読ませていただいて感じました。 看護師は一生勉強、それは看護力を高めるのではなく、人間力を高めるための勉強なのだと思います。 何かあったら、また吐き出してくださいね。

2022年03月17日 13:10

hanaさん。はじめまして。 素敵な返信ありがとうございます。 私たちは教育のプロではないこと、看護の世界しか知らないこと、本当にその通りだなと思いました。 私自身、看護経験もまだまだ少なく看護のプロには多分一生なれないかも…と思いますが、少しでも看護のプロに近づけるように。 広い視野と新しい感覚・看護以外の事にも目を向ける姿勢を常に持っていこうと思いました。 私の凝り固まった考えを柔軟な考えに変えていただきありがとうございます!

2022年03月18日 00:50

看護のプロ、看護の専門性、そういう言葉で表現されるものを自分の言葉で置き換えられたら、もっと自信が持てるのかなと思いました。 これからもたくさんの人と関わり、たくさんの人の考えや思いに触れ成長してくださいね😊 応援しています。

2022年03月18日 12:23

hanaさん、ありがとうございます。 沢山の人と触れ合う機会を沢山作りたいと思います!新しい世界に飛び込むのは怖いですが、頑張ります!!

2022年03月19日 10:21


回答を投稿する

ツイートする
シェアする
シェアする

「あるある」の質問


  • 質問の一覧を見るニュースの一覧を見る
  • 運営会社利用規約プライバシーポリシー
  • © 2022 Tenxia.inc