看護師だけの相談アプリ
アプリを無料でダウンロード!
アプリで開く

教科書で病態知識を勉強していますが、なかなかイメージがつきませ...

看護学生・国試
ナースA
学生, 精神科
教科書で病態知識を勉強していますが、なかなかイメージがつきません。2年生で、本格的な実習もまだです。 もちろん座学で知識を身につけることも大事と分かっていますが、現場に出てこそ病態について理解できるようになることもあるのでしょうか……
13日前
アプリで他の看護師の回答を読む!
このままブラウザで回答を読む
回答
ナースB
プリセプター, 呼吸器科
現場で実際に知ることができるのは、患者さんがどれだけ病気やその症状に苦しんでいるのか、どう向き合って生きているのか、ということだと思います。あとはコミュニケーションについての学びが多いですね。 病態については、現場に出たからといって実習で具体的な理解に繋がるかはなんとも言えません。症状も経過も人それぞれなので、教科書通りではないこともたくさんあります。 教科書学習で具体的なイメージがつきにくいのは、難しい医療用語が並んでいることも要因だと思います。あとはなんだかんだで解剖生理がとても大事です。解剖学的な知識なしに病気を理解していくのは難しいです。 ネットが正しいとは限りませんが、わかりやすく丁寧に説明されているものや、患者さんや一般の方向けの本や記事はとてもわかりやすいです。意外と「家庭の医学」とかのほうがイメージつくかもしれませんよ💡
ナースA
学生, 精神科
質問者
ご丁寧にありがとうございます! 特に循環器や脳神経系の病気が難しいです。1年生の頃の解剖の教科書に戻ることも沢山あります。あと最近薬理学も分かるようになってきたので、それと照らし合わせると理解ができるようになってきました。 看護過程論のペーパーペイシェントも、複数の疾患を抱えているという設定だったので、実際の患者さんもそうだと思います。実習に出る前にしっかり勉強しておかないと、自分が困るし、患者さんや指導者に失礼になると思って取り組んでいます。 私は「病気がみえる」が好きです。今は大学の図書館がコロナで制限されていて自由に出入りできず不便なのですが… 複数の科目を結びつけて、教科書だけではなく色々なところから情報を得ようとすることが大事だと感じました。