看護師だけの相談アプリ
アプリを無料でダウンロード!
アプリで開く

小児の訪問看護について

看護・お仕事

カイト

小児科, クリニック

2ヶ月前

小児の訪問看護に携わる方、ご教示ください。 小児の訪問看護では、成人と異なるケアや処置、コミュニケーションが多くあると思います。 小児の訪問看護を行う中で、成人の訪問看護と比べて難しいと感じる点を教えていただけると助かります。 また事前に心構えとして認識しておいた方がよいことがあれば教えてください(例えばこんなギャップがあったなど) 小児の訪問看護に興味があり、ゆくゆくは携わってみたいと考えているので、ご意見頂けますと幸いです。
コミュニケーション
訪問看護

回答


お疲れさまです。 小児訪問看護で難しいなあと思ったのは、雑誌や本の情報通りに成長しないことをお母さまがやきもきしていることを見ている時でした。 その子供さんらしく成長していることを、医師や保健師、リハビリスタッフ等々でポジティブな声かけをするように、関わり続けることで随分受け入れて下さいました。 話せない子供さんであってもしっかり目を見て話すこと、できたこと等はお母さんと共に誉めることを前提で関わると、子供さんの方が看護師=大事な人として認めて下さいます。 ステーションで小児訪問看護の導入に携わりましたが、小児科の経験がないスタッフが多く、ケアの1つ1つを覚えてもらうのに難渋しました。 なので、訪問できるスタッフが限られてしまうことが予想され、時間を許す限り同行訪問を繰り返し慣れてもらいました。 入院中の指導方法が全てが正しいとは限らないのですが、お母さまが混乱しないよう生活が慣れてきた時点で、もっと簡素化されたケア方法をお伝えし、楽になった時間をお母さまの時間に使ってもらいました。 また、とても手間ですが、退院して最初の外来時期を狙い、逆サマリーを病棟看護師さん達へ送付していました。 家での生活が有意義な時間を過ごせていること、次の子供さんにはケア方法をこんな風に簡素化してほしいこと等々の内容でしたが、病棟看護師さんは継続看護の重要性を感じとられたようでした。 私が思う小児訪問看護は、小児の成長発達を見守ることで家族も成長する、そしてそれを見守る自分も成長させてくれる看護だと思っています。 訪問時に遊びを通じて異常の早期発見なんて、小児の醍醐味です。 ぜひ、子供さんやお母さま達といっぱい笑って楽しく訪問をして頂けますよう、お祈りします。

2022年07月05日 12:28

丁寧なご返信ありがとうございます。 とても勉強になります。 やはり教科書通りの成長発達を期待する部分については、その子なりの成長を根気よく見守ってあげられるように寄り添っていくことが大事なんですね。 自宅でのケアについて病棟看護師へフィードバックすることは、小児の訪問看護にとってとても重要な役割になると感じます。 クリティカルな時期のケアと、自宅で毎日行うケアではやり方も変えていく必要があると思いました。 文章のみのやりとりではありますが、大変やりがいのある仕事であることを再度実感いたしました。ありがとうございました🙇‍♂️

2022年07月05日 15:07

病棟、デイサービス、在宅と小児と関わってきましたが、一番子供さんがキラキラ輝いて笑っていたのは在宅でした。 小児の訪問を始めると関わるみんなが笑顔になるんですよね。 不思議ですよね。 私が訪問で悩んだ際は医師や地域の保健師さんやデイサービスの方々、支援学校の看護師さん等、本当に支えて下さいました。 小児の成長につれ、訪問看護が必要でなくなれば良い成長課程を遂げている証だと思います。 ぜひ、肩肘張らず自分も楽しんでいけば、きっと沢山の笑顔が待っています。 応援していますね✨

2022年07月06日 13:15


回答を投稿する

ツイートする
シェアする
シェアする

「コミュニケーション」の質問


  • 質問の一覧を見るニュースの一覧を見る
  • 運営会社利用規約プライバシーポリシー
  • © 2022 Tenxia.inc