看護師だけの相談アプリ
アプリを無料でダウンロード!
アプリで開く

滴下について

看護学生・国試

スフレ

学生

1ヶ月前

滴下の1h÷3=1分間の滴下数になる説明と残りの点滴時間の求め方を、教えてもらいたいです💦
滴下
点滴
実習
一般病棟
看護学生
1年目
勉強
正看護師
新人
病院
病棟

回答


そもそもの公式が 「輸液量/h×20÷60=1分間の滴下数」です。 20と60は、簡単な数字にできるので 「輸液量/h×1÷3=1分間の滴下数」となり、最終的に「輸液量/h÷3=1分間の滴下数」となります。 残りの点滴時間の求め方については問題によってきます。例えば 「500mLの輸液を50滴/分の速度で成人用輸液セットを用いて順調に滴下し、現在80分が経過した。このときの輸液の残量を求めよ。」であれば、最終的に「500ml中何ml輸液が残っているか」を知りたいってことなので ①成人用の輸液セットの1mlあたりの滴下数を求める →20滴/ml ②50滴/分の速度をmlに治す →50滴÷20滴/ml=2.5ml/分=「1分間で2.5ml滴下されてる」 ③80分が経過している →2.5ml×80分=200ml=「80分で200ml滴下されてる」 ④500ml-200ml=300ml=「現在300ml残ってる」 これをさらに何分で300ml投与されるかを求めるとすると →300ml÷2.5ml/分=120分となります 「滴下数」を「ml」に、「ml」を「滴下数」に常に直し続けると時間はかかりますが答えは出ますよ

2022年06月07日 14:30


成人用:ml÷時間÷60(分)×20(滴) これを、短くすると、スフレさんの言うような、ml÷時間÷3=1分間の滴下数、になるのです。

2022年06月07日 22:56


回答を投稿する

ツイートする
シェアする
シェアする

「滴下」の質問


  • 質問の一覧を見るニュースの一覧を見る
  • 運営会社利用規約プライバシーポリシー
  • © 2022 Tenxia.inc