看護師だけの相談アプリ
アプリを無料でダウンロード!
アプリで開く

夜間せん妄で「買い物に行く!」と激しくて、院内の自販機(カップ...

夜勤
ナースA
病棟, 神経内科
夜間せん妄で「買い物に行く!」と激しくて、院内の自販機(カップで出てくるタイプ)にいきました。 買ったら落ち着かれるかと思いきや、「みんなの分も買う!」と興奮。受け取れないと断りましたが、更に興奮して離院や手が出そうな雰囲気だったので、結局夜勤の人数分奢ってもらいました。 ご本人はみんなに感謝してもらい、いい気分でコーヒーを飲んで休まれたので、看護としてはよかったのかもしれませんが、業務としてはダメだったな…。 中堅ばかりの勤務だったので、「まぁこの場合は、しょうがないよね。」と言われましたが、後輩には“いいよ”とは言えませんし…。 どうすればよかったのかなぁと、自問自答中です。
10日前
アプリで他の看護師の回答を読む!
このままブラウザで回答を読む
回答
ナースB
一般病院, 小児科
精神の方って難しいですよね。 買ってもらって受け取るけど食べないで、後で患者さんのロッカーとか荷物の中に忍ばせるとかはどうでしょう?
ナースA
病棟, 神経内科
質問者
保存のきくものの場合、そうしてるんですよ。返品したりとか。 今回ばかりはカップのドリンクだったんですよ…。 残しとくわけにもいかず…。本当に困っちゃったんです。
ナースB
一般病院, 小児科
あ、すみません!勘違いしてました!カップで出てくるのみものだったんですね!それは困りますね💦御家族がおられれば、家族に対応を相談するのはどうでしょうか?お金が絡みますし。
ナースA
病棟, 神経内科
質問者
その方は、せん妄だったので、短期間で改善し退院されました。ご家族さんも「この人は奢ったり、人を招いたりするのが好きな人だから大丈夫よ。逆に困らせちゃってごめんね。」って、言ってくださったんです。 でも、てーなさんのコメントを見て気付いたのですが、私、お金返してない…。
ナースB
一般病院, 小児科
いい御家族さんで良かったですね!!!泣 以後気をつけましょ!
ナースA
病棟, 神経内科
質問者
はい。気を付けます!
ナースA
病棟, 神経内科
質問者
てーなさんとのやりとりで、もう1つ気付いたこと。 欲しくもないものを、奢られて、何で私がお金返さなきゃいけないの?っていう、心の狭い自分がいた…。 でも、もらったんですよ。 飲んだんですよ…。 自分、ケチだなって自己嫌悪。
ナースB
一般病院, 小児科
せん妄の患者さんの対応は本当に大変ですよね。私も少ないですが経験あるので分かります😭 できなかったとしても、こうして振り返って、気づけることは素晴らしいことだと思います。 今回の事例を今後に活かしていきましょ!私も勉強になりました!ありがとうございます!
ナースC
プリセプター, 泌尿器科
難しい問題ですがまずは受け取れない主旨をあなたのように伝えそれでも興奮してきて患者様自身並びにスタッフに対して危険を感じたなら迷わず拘束しますね。
ナースA
病棟, 神経内科
質問者
私はできる限り、拘束はしたくありません。 意固地になって、受けとりませんと、続けていたらせん妄助長しますよね。 臨機応変に対応できたと自分では思っているのですが…。 拘束してまでも、否定を続けるのがいいとは私は思えません。 ごめんなさい。
ナースC
プリセプター, 泌尿器科
あくまでも私の考えを述べただけで考えは人それぞれですから今後も同じような事案が出た時は頑張って下さい。
ナースA
病棟, 神経内科
質問者
はい。いろいろな方の意見を参考に考えていきたいと思います。 これは、あくまでも私個人の考えですが、師長職の方が“迷わず拘束”というのはどうなんでしょうか? 身体拘束は迷って迷って、3要件に照らし合わせて、やむを得ずの場合のみ実施するものだと私は考えます。 失礼を承知で述べさせてもらいました。すみませんでした。
ナースD
一般病院, 内科
私はめかぶさんの対応で間違っていないと思います。私も同様の対応をしていると思います。何が大事かは、看護師の対応で患者様が自傷他害をしないことです。 めかぶさん。これと言う正解が無い中、看護業務をすることは普通にあります。要は、なぜ自分がその時にそのような対応したのか、先輩後輩看護師に自信を持って言えるかどうかです。また、家族に自分がその時に取った対応について聞かれれば、納得して頂ける説明ができる自分でいればいいのではないでしょうか。全く間違ってないですよ。
ナースA
病棟, 神経内科
質問者
コメントありがとうございます。 間違ってないと言っていただき、心のモヤが晴れたような気がします。 明確な答えがない中で、様々な看護観、様々な立場のスタッフがいるので、みんなが納得!というのはなかなか難しいですね。 自分が行った看護を、説明し伝えることのできる力を付けていきたいと感じました。 ありがとうございました。