介護職だけの相談アプリ
アプリを無料でダウンロード!
アプリで開く

排便ケアお悩み解消月間8月 part② -3日でラキソ

【講師企画】排せつケア委員会

大関美里

介護福祉士, ユニット型特養, 社会福祉士

1ヶ月前

「排便がマイナス3日でラキソ15滴服用している方、なかなか排便がなくて4日、5日飲んでやっと出たと思ったら水様便でとっても大変なんです。どうにかなりませんか?」
 先週お問い合わせがあったこのご質問🧐 疑問と感じてくださることが まず第一歩だなと思います🥺 皆さんならどうお答えしますか? ┈┈┈┈┈┈┈ ❁ ❁ ❁ ┈┈┈┈┈┈┈┈ 8月は 「排便にまつわるお悩み解消月間」として  ミニ情報をお伝えしていきます! ┈┈┈┈┈┈┈ ❁ ❁ ❁ ┈┈┈┈┈┈┈┈ 出ないより出た方がいい! だから どんな形でも3日排便がなかったら 下剤を服用する そんなルールが 現場にはまだあることを感じています。 (これを読んでいるあなたは違うことを祈ります) こんなとき まず考えて欲しいのは 【どんな便が出ているか】です。 —————————————— ここで鍵になるのは ブリストルスケール!!!! 便性状スケール(ものさし)ですが
使っている方も増えてきましたね! これは「消化管の動きの速さ」を表します。 ブリストルスケールで 6番、7番の軟らかさで 毎回出ているのだとしたら 10時間くらいで腸内を駆け抜けていることになります。 これは 「下剤が多すぎる」ことを意味しています💦 この場合に、腸のうごきを促進させる働きの 腸刺激性下剤を選択するのはナンセンス! 毎回、6番7番の水様便だったら まずは 腸の音も聞きながら 本当に「腸が動いていないのか?」を 確認してみましょう! 
腸刺激性下剤も、どの下剤もそうですが 薬はのんでから効くまでの時間 「作用時間」があります。 一般的に使われている下剤で 24時間を超えて作用する薬はないので 何日も飲んだからといってその薬の効果が 高まるわけではありません・・・ マイナス3日で次の日に出なかったら
「便の材料が腸内に無かった」ので 反応便も出ないのでは?と思ってください🙇‍♀️ 看護師さんとぜひその方の食事量のシェア (食物繊維量のシェア)をして 相談していきましょう! /
 出ないよりも出た方が良い、から  どんな性状の便が出ているか
\
 施設で排便のケアを進めていこう! そう思っている方の最初のアクションは 【ブリストルスケールを導入すること】です! ここから 関わるみなさんで共通言語ができると 「心地よい排便」に向かう基礎が出来ますので まず取り入れてみることをお勧めします✨
 ——— ポイントは「はかる」こと———— 
「マイナス3日の呪い」からは そろそろ解かれていかないと その優しさが裏目に出て ケアをする方も 利用者さんの腸内環境も 自分らしく生きていいんだ、という肯定感も 辛い方に向かってしまいます。 ┈┈┈┈┈┈┈ ❁ ❁ ❁ ┈┈┈┈┈┈┈┈ 夏土用も明けました🍉🎐 季節が秋へ変わりますが、まだまだ暑い日が続きます。 皆様もご自身の身体を大事に思いながら ブリストルスケールで体調もみながら 良い1週間をお過ごしください!
排便
食事
夜勤明け
看護師
ケア
施設

回答


コメント失礼します。便秘3日目の件、お話しの通り町田様がこちらの事業所でもありました。ラキソベロンですよね。ある看護師さんの提案でその利用者さんは自分で踏ん張ることができるので特に朝なんですがラキソベロンを飲む前にトイレ誘導して排尿はもちろん排便を出してもらうようにお腹に力を入れてもらうようにするなど排便を促す声かけをしていたら出るようになり、それ以降からラキソベロンは服用していません。以前まではラキソベロンを飲んでからいつの間にかズボンから排便が流出てくるようなこともありました。

2022年08月09日 21:45

トモデラックスさん✨コメントありがとうございます!!!嬉しいです😊 トモデラックスさんが、その利用者さんが「自分で踏ん張ることができる」と分かっていることが素晴らしい結果になったんですね…✨ 共有いただきありがとうございます😭! また、言葉をかけることって意外に?いや、かなり力があります✨ その方の体感を誘導する様なお声掛けがピッタリたったんですね! シェア頂いたことで、そこに気付く方もいらっしゃるのでは、と思います😌 ありがとうございました! また、ご経験や思うところなど気が向いたらコメント頂ければ嬉しいです、よろしくお願いします🥺

2022年08月10日 02:24


 アドバイスありがとうございます。 下剤にばかり、頼らず 日々のその方の活動や水分摂取が大事だと感じております。自宅では、下剤服薬してなかったのに 施設に入ったら下剤が必要になったという方がおりまして…。何が違うのか考えると 活動量が比例してるのではとかを思いました。運動をさせる、自分達の仕事が増えると思いましたが、下剤で失禁して着替えの手間を考えると入居者の立場も考え運動を一緒にした方がいいと思います。  実際に、車椅子の方ですが 足こぎでの移動を促して、ラキソに頼らず自然排便 立派な大きいバナナ状の便が3日4日前後で出るようになりました。  動けない方には、腸のマッサージしてますが、中々でず 下剤に頼ってしまいます。

2022年08月10日 02:19

ひろさん✨コメントありがとうございますー(o´▽`o)!! ひろさんの様に、努めて下さってる方も多いんですね😭✨家族目線で救われる思いです…! また、施設では下剤が必要になった方の事例、共有ありがとうございます! 活動量、これは直結しますね😢 足こぎ移動で運動を確保されたことも、単に最高の便が出た!というだけではなくて、その方の心地よさや毎日の快適さ、腸内環境を保つこと=免疫のバランスを保つこと、とエンドレスの好循環となっていることと思います!素晴らしいですね😭✨ 動くことが出来ない方へは、腸マッサージをして下さってるとのこと、本当にお忙しい中かと思いますが、その関わりはとんでもなく重要なことです。 長く刺激性下剤を飲んでいる方だと、なかなか動きが戻ってこないこともあるかと思いますが、温罨法も効果があると実感していますので(肌や消化器の症状なければハッカ油温罨法も良いですね) ぜひリサーチの上でマッサージの時間が無い時など取り入れてみてください!

2022年08月10日 03:01


コメント失礼いたします。 わたしの勤務している施設でも同様の状況がみられました。 利用者様も水様便だと辛そうで心苦しいですよね。 個人的には、ラキソを10滴に減らしてみたり、ラキソからアローゼンなど漢方ですこし苦く飲みにくいかもですが、お薬の調整をしてみるはいかがでしょうか。

2022年08月11日 06:06

あまぎんちゃくさん✨ コメントありがとうございます! そのように寄り添っていただける方がいる施設、羨ましいです。 いつもきっと、優しく対応されているのでしょうね😢✨ ・・・と 下剤についてはまだ解説していませんでしたね!! 刺激性下剤には下記の2種類あるんです。 ・アントラキノン系(プルゼニド、アローゼン)
・ジフェノール系(ラキソベロン、テレミンソフト)
 ですので アローゼンもラキソベロンと同じような働きなのです。(実はそれより少し強いイメージ😭です)

刺激性下剤ではなく、水様便が続く場合には 腸の動きが過剰ではないかを聴診で確認しながら ・刺激性下剤を減量する ・整腸剤や緩下剤、新薬等を試す などが良さそうです。 また、漢方や生薬配合、などのお薬は一見優しそうに見えるのですが、下剤として使われ る大黄甘草湯などの漢方の中には「大黄」という成分がセンナと同じアントラキノン系ものになるので、腸を刺激して動かすことには変わりありません💦 薬局で売っているセンナ茶、も実は同じ作用です。 お茶だから、と飲み続けていると耐性がついてしまい、それなしでは出ないようになってしまう、ことにもつながりますので、注意してみてください🙇‍♀️ 出ない時だけ、使う!のならとても有効なのですが…いつも使ってしまうのはどんな薬でも良くないのですね😭 この辺りは、ネットでも沢山情報が出ていますので、お時間のある時にぜひ、調べてみてください(o´▽`o) 私も投稿でいつか取り上げてみますね!!

2022年08月11日 08:03


お疲れさまです。 私が今まで働いてきた職場では排便がでなければ続けて飲ませるって考え方でしたが新しい考え方が知れました。勉強になりますありがとうございます。

2022年09月01日 00:31

もんさん✨コメント嬉しいです!ありがとうございます(o´▽`o) そして、多くの施設さんで連続して下剤の服用がされていると感じています。 でも、日本で慢性便秘症ガイドラインが発行されたのがまだ5年前の2017年、ということも関係しているかと思います。 もっと、便性状を大切に見ていくケアが、これから広まっていけば、余分な下剤で腸内環境悪化や腹痛、違和感で生活が辛い人が減っていきますよね! それは、現場で働く方にとっても、確実に良い未来です😭✨ こうしてコメントを下さることで、私も元気いただいてます✨ありがとうございます^^

2022年09月01日 03:39


回答を投稿する

ツイートする
シェアする
シェアする

「排便」の質問


  • 質問の一覧を見るニュースの一覧を見る
  • 運営会社利用規約プライバシーポリシー
  • © 2022 Tenxia.inc